茨城県那珂市横堀1291-29
TEL 029-298-3922

院長紹介

院長挨拶

院長

この度、この地、那珂市横堀に開業させて頂きます伊藤生二といいます。
いろいろな方々にお力添えを頂き、やっと6月にオープンとなりました。本当にありがとうございました、心から感謝しております。今後、私の外科医人生30年の経験すべてを込めて、集大成として、働いてゆくつもりです。

私の座右の銘は“鬼手仏心”。今まで、鬼の手を持って手術で病巣を摘出し、仏の心で患者様を診てまいりました。この気持ちは30年間、まったく変わっていません。当診療所は小さなクリニックで、大病院ではありません。できることは限られています。しかしながら、当医院では責任を持って、世界レベルの手術・胃大腸カメラをさせて頂きます。また、心を込めて診療させて頂きます。

メディカルGPのGPとは、欧米・オセアニアにおいてのGP(general practitioner)家庭医・開業医という意味です。在宅医療・風邪・インフルエンザなどにも対応してゆきたいと思っています。

どうぞ、お気軽に御来院頂ければ幸いです。

メディカルGP・クリニック横堀 院長伊藤 生二

経歴

群馬県太田市生まれ、県立太田高校卒

昭和61年
獨協医科大学卒業
平成5年
大学院にて医学博士号取得後,慶和病院外科(現・西山堂慶和病院外科)立ち上げ
平成7年
東京大学医科学研究所外科移植科・獨協医科大学第二外科
平成15年
イギリス・ロンドン大学インペリアルカレッジ外科
平成17年
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州立大学外科
オーストラリア国家公務員,手術を医学生・ジュニアドクターに教育指導
平成19年
シドニー大学血管外科にて 手術を医学生・ジュニアドクターに熱血教育指導
Allvascular株式会社で血管手術機械を開発研究,オーストラリアABCテレビ出演。
平成20年
貞心会慶和病院(現西山堂慶和病院)外科部長
平成21年
貞心会慶和病院(現西山堂慶和病院)病院副院長
平成30年
メディカルGP・クリニック横堀 新規開院

専門認定医

  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡専門医・指導医
  • 日本大腸肛門病学会専門医
  • 日本消化器外科認定医
  • 日本乳癌学会認定医
  • 日本体育協会スポーツドクター(サッカー)

資格

1987年
医師資格取得
1993年
医学博士号取得

論文

伊藤生二,森茂郎,竹村俊輔,斎藤一幸,高久秀哉,高木和俊,藤井宏一,荷見源成:内痔核に対する硫酸アルミニウム・タンニン酸注射液(ALTA)療法施行5か月後に生じた肛門管・直腸粘膜変性の1例DJMS 43(2):131-135,2016

Nyan Y Khin, Martijn L Dijkstra, Matt Huckson, Mark Phillips, Darryl McMillan, Seiji Itoh, Greg Roger, Rodney J Lane:Hypertensive extracorporeal limb perfusion for critical limb ischemia. Journal of vascular surgery 58(5):1244-53,2013

伊藤生二,Rodney James Lane:
下肢静脈瘤に対する血管外ステントの手術経験 DJMS 39(2):107-111,2012

Mena Shehata, Kenneth Yan, Seiji Itoh, Julie King, Derek Glenn, Richard Quinn and David Lawson Morris:Splenectomy and tumor marker response following selective internal radiation therapy for non-resectable liver metastasis from neuroendocrine tumor. DJMS 36(3):131-134,2009

伊藤生二, Jing ZHAO, Francis CHU, David L MORRIS:腹膜中皮腫11例に対するPeritonectomyを用いた集学的治療成績 DJMS 35:93-99,2008

多賀谷信美, 中川彩, 岡田としえ, 濱田清誠, 民上英俊, 伊藤生二, 窪田敬一:Paclitaxel Weekly投与が奏効した鎖骨上リンパ節転移および肺転移にて発症した再発乳癌の2例.癌と化学療法30(10):1479-1483(5),2003

伊藤生二, 窪田敬一, 小暮洋暉, 佐藤直樹, 岩﨑吉実, 岡慎二, 佐久間敦, 根本真人:腹部CTが有用であった二次性腹部大動脈十二指腸瘻の一例:日本消化器外科学会雑誌34,586-589,2001

以下は,日本語論文も英語表記

Tadashi Frihata, Astushi Sakuma, Seiji Itoh, Hiroaki Kogure:A case of an enterogenous cyst of the stomach J Jpn Surg Assoc 61(4):940-944,2000

Nobumi Tagaya, Junji Kita, Seiji Itoh, Kunibumi Ishikawa, Hiroaki Kogure:Laparoscopic cholecystectomy for acute cholecystitis. J Jpn Operation 52(9):1399-1401, 1998

Yuichi Ito, Kazutoshi Takagi, Seiji Itoh, Hiroaki Kogure:A case report of gastric leiomyosarcoma showing pedunculated extra gastric development. Jpn Gastrointestinal Endoscopy 49:198-199,1996

Kyu Rokkaku, Seiji Itoh, Toshio Tomita, Atushi Kadowaki, Hiroaki Kogure: A rare case of sigmoid colon cancer with a colocutaneous fistula through the abdominal wall. J Dokkyo Univ. School of Medicine. 11(2)471-475,1996

Yuji Nomura, Seiji Itoh, Naoya Ichikawa, Kenji Kikuchi, Yuichi Ando, Kenshi Watanabe, Hisaichi Degawa, Yoshifumi Beck, Shinji Tomikawa, Takeshi Nagao, Hisanori Uchida Unpurified islet transplantation in diabetic rats Transplant (proceedings) 28:1849-1850, 1996

Seiji Itoh, Hitoshi Mastumoto, Hiroaki Kogure, Astushi Sagiya, Wataru Ohyama, Yukio Kaneko A case of transverse colon schwannoma Jpn Coloproctology 49(2):139-143, 1996

Shinji Tomikawa, Yoshifumi Beck, Kenshi Watanabe, Kenji Kikuchi, Seiji Itoh, Yuichi Ando, Naoya Ichikawa, Kazuhiko Meigata, Yuji Nomura, Hisaichi Degawa, Takeshi Nagao, Hisanori Uchida Immunosuppressive effects of bactobolamine in vivo.Transplant (proceedings) 28:1063-1065, 1996

Hisaichi Degawa, Kenshi Watanabe, Hisanori Uchida, Takeshi Nagao, Shinji Tomikawa, Yoshifumi Beck, Yuji Nomura, Naoya Ichikawa, Yuichi Ando, Kenji Kikuchi, Seiji Itoh Blocking of ICAM-1 and LFA-1 in rat liver transplantation Transplant (proceedings) 28:1362-1363,1996

Shinji Tomikawa, Hisanori Uchida, Takeshi Nagao, Yoshifumi Beck, Hisaichi Degawa, Kenshi Watanabe, Yuji Nomura, Kazuhiko Meigata, Naoya Ichikawa, Yuichi Ando, Kenji Kikuchi, Seiji Itoh Clinical implications of the presence of hepatitis C virus antibodies after kidney transplantation in Japan Transplant (proceedings) 28:1498-1500,1996

Kenshi Watanabe, Seiji Itoh, Kenji Kikuchi, Naoya Ichikawa, Takeshi Nagao, Hisanori Uchida Synergistic effect of Tacrolimus and Mizooribine on in vitro and in vivo experiments assessed by a combination index. Japan Transplant 31(1):23-30,1996

Shinji Tomikawa, Seiji Itoh, Kenji Kikuchi, Yuichi Ando, Hisanori Uchida, Takeshi Nagao, Yoshifumi Beck, Hisaichi Degawa, Kenshi Watanabe, Yuji Nomura, Kazuhiko Meigata the result of kidney transplantation from living unrelated donors Japan Transplant 30(6):589-595,1996

Shinji Tomikawa, Seiji Itoh, Kenji Kikuchi, Yuichi Ando, Hisanori Uchida, Takeshi Nagao, Yoshifumi Beck, Hisaichi Degawa, Kenshi Watanabe, Yuji Nomura, Kazuhiko Meigata Clinical implications of the presence of hepatitis C virus antibodies after kidney transplantation in Japan ACTA Hepatologica Japonica 37(4):214-220,1996

Seiji Itoh Clinical and experimental studies on portal haemodynamic changes after hepatectomy-Quantitative analysis of portal flow before, during and after hepatectomy using Doppler ultrasound system-J Dokkyo Univ. School of Medicine.8(2)327-339,1993

Astushi Kadowaki, Seiji Itoh, Yoshinori Ogino, Takashi Tajima, Yoshio Tajima TAT-7180 JJPEN12(4)471-478,1992

Seiji Itoh, Hiroaki Kogure, Takashi Tajima, Yoshio Tajima, Astushi Sagiya:Colour doppler imaging in the haemodynamic evaluation of idiopathic portal hypertension before and after splenectomy Jpn Radiology 11(4)346-352,1992

Nobumi Tagaya, Seiji Itoh, Takashi Tajima, Yoshio Tajima:Diagnosis of malignant diseases in the ceacum and adjacent lesion-Using ultrasound system-Jpn Radiology 9(1)74-78,1990

診療科目
内科・外科・肛門外科・消化器内科
最寄り駅
JR水郡線上菅谷駅
住所
〒311-0103
茨城県那珂市横堀1291-29
(旧かぼちゃクリニック跡地)
電話
029-298-3922
診療時間
休診日:火曜・日曜・祝日
日祝
9:00〜12:00
(受付9:00~11:30)
14:00〜17:00
(受付14:00~16:30)

ACCESSMAP